天才たけしの元気が出る日記

.□ 2/28 2月の終わり。 □.
ちょっとばかし寄るだけのつもりがどっぷり浸かったso-soからの帰宅午前3時。
くたびれて眠いはずなのに、風呂に入って寝るのを躊躇している。

さてと。
頭に浮かんだいくつかの言葉を紙っぺらに書き写して、曲にでもなったらいいなと思う午前3時半。

.□ 2/14 □.
昼間はだいぶポカポカしてきた。
けど日が暮れればめっきりと寒くなるのはわかってる。
そうなる前によーしと腰を上げてゴンの散歩に出ることにした。

そういや最近ゴンが希薄だ。
うちに来て7年目とかになるし、うたという新キャラの登場で確かにおろそかになってはしないか。
昔は歌に登場させたり、写真をCDジャケットにまでしたのに。
こないだ大阪で久々に会ったかつみは「あれ?ゴンて最近どうすか?」なんて言ってきた。
まったく話に登場しないからひょっとしてもう死んだんちゃうか?とでも言いたげだ。
そうは言ってもゴンは着実に暮らしている。
毎日家の中の少しでもあたたかい場所を求めてうろうろし、グダグダしている。
こっちもこっちで、視界にはきっと入っているが、当然の風景としてあまり気にしなくなっている。
7年も経てばそんなもんだ。
下手したら俺は家族から風景の一部と思われている可能性もある。

さあ、そんなゴンは今でも散歩が生き甲斐だ。
珍しく俺が家にずっといると、昼過ぎくらいから落ち着かず、一挙手一投足に反応してくる。
トイレに行こうと立ち上がるだけで奴も起き上がり玄関の方に向かう準備をする。
用を足し椅子に戻ると待機の姿勢に戻ったりする。
置いていかれたらたまらんと思ってあるのだろう。
その気持ちもわかるので、近所一周、ウンチしたら終了の冬の省エネ散歩じゃなく、たまにはゆっくりとあったかいうちに川でものんびり散策しようと思ったのだ。


 

--+-- >>>